意外と少ない本当の出会いの場

情報化時代と言われて久しく、SNSなどをはじめとするネットコミュニティーなどが盛んに利用されていますが、出会いの場が意外と少ないというのが実情のようです。また最近では、仕事や職場関係での出会いを嫌う傾向があるようで日常生活の中での出会いが少なくなっているようです。
そこで婚活イベトなどに人気が集まっているようで、各地で婚活イベトが盛んで、10回以上参加している人も少なくないようですが、実際に結婚にまで至るケースは少なく、交際にも至らないケースがほとんどのようで、婚活をすればするほど結婚が遠のくのが現状のようです。
これは、主催者側にも問題があり、過剰な人数の参加者を募ったり、イベントの内容が希薄ものなど粗悪なイベントも少なくないようです。また、参加する側の意識にも問題があり、何回も参加するうちに、無意識に「また次がある」といったような意識が芽生えてしまっているのではないでしょうか。こうなってしまうと、婚活イベントとはいうものの、単なるコンパ変わらなくなってしまいます。
その点で、結婚相談所などの結婚情報サービスは、目的が明確ですし、紹介される相手も一定のスクリーニングをかけたお相手ということになりますし、その後のフォローもあるので交際につながる確率は高いと思われます。